ロボットが徒党を組み広告を打ち続けても間に合いません

AI時代に突入するとなおさらです

人工知能を駆使したレジ不要の無人コンビニAmazonGoアマゾン·ゴー」が、2017年にスタートします。顧客が専用のアプリを用いて入店すれば、購入した商品をカメラやセンサーなどの情報から人工知能が認識し、決済する仕組みになっています。自分のカバンに商品を入れるだけで、自動的に課金され、商品を棚に戻せば課金はキャンセルされます。使われているテクノロジーは、画像解析,機械学習·ディープラーニング·センサリング技術になります。

またAmazonが販売するスピーカー型の音声アシスタント端末AmazonEcho」などに搭載されている音声認識プラットフォーム「Alexa(アレクサ)」は、世界のIoTを席巻し、音声認識サービスの覇者となりつつあります。2016年の12月にサービス開始された「AmazonDashButton(アマゾンダッシュボタン)」は、Wi-Fi接続機能と2つのボタンを搭載した小さな1oT機器で、ボタンを押すだけで自宅のWi-Fiを経由してAmazonのサーバーに事前に設定した商品を注文でき、最短で当日に商品が自宅に届きます。

IoT社会における情報処理プラットフォームの座です


AI時代を生き抜くことができます

人工知能の認識能力と1oT技術の合体は、これからも信じられないようなことを実現していくでしょう。
また、先日「ヘルシオ」というシャープの電子レンジを買いました。これも人工知能搭載なのですが、音声対話で献立選びを手助けする仕組みで、例えば魚料理が続くと「たまには肉料理もいかがですかと言ってくれます。
人工知能の今後前にもお話ししましたように、今のA1は1つのことしかできない専用人工知能です。これが今後、人間の知能を超える汎用人工知能(AG-ArtificialGeneralIntelligence)に変わっていくわけです。

ここまでを通して

それがいつぐらいなのかというと、2029年と予想されています10年余り先ですが長いようであっという間です。
これがシンギュラリティの前段階で、プレ·シンギュラリティ前特異点,社会的特異点と言われています。
汎用人工知能が完成すれば、もう毎日のようにもの凄い発明や歴史的な発見が行われると推測されます。おそらく癌をはじめあらゆる病気も治るようになりますし、衣食住が最終的にはフリーになるでしょう。


人工知能が自分で推理

AIRe同社が新型チップを搭載した

例えば食料で言えば、齊藤元章氏が書かれた『エクサスケールの衝撃(PHP研究所)』という書籍には、プレ·シンギュラリティ前特異点,社会的特異点の到来により、植物工場や人工光合成ができ、食がフリーになる」というようなことが書かれています貨幣もなくなると言われていますし、色々な社会構造や産業構造の全てが変わると予測されています。人間の知性に匹敵するA1ができるということで何もかもが一変してしまうのです。パランピックの記録がオリンピックの記録を超えるかもしれませんさらに2045年に、本格的なシンギュラリティ技術的特異点が起こると、超人工知能(ASㅣ.ArtificialSuperIntelligence)によりたった1つのA1が全人類の知性を超えると予測されています。

人工知能AIは人間の眼科医とほぼ同じ確率


コンピュータ作り上げていこうとして失敗している

今から30年弱経った頃には、世界の人口が大体100億人以上になっていると思いますが全人類100億人の知性をたった1つのA1が超えるというわけですソフトバンクの孫社長は「IQで言うと1万以上の-が出てくる」というふうに言われていますが、人間はIQが200の人というと天才と言われます。もうそんなレベルではないわけです。
300とか400とかではなく、1万というケタ外れのレベルですから、もう何もかも人間力かなうわけがなくなります「強い人工知能」か「弱い人工知能」かアメリカの哲学者であるジョン·サールが作った用語で、「強い人工知能」と「弱い人工知能」
という言い方があります。人工知能も同じですパソコンでさえ

  • ロボットの活用が行われています
  • 人工知能かアメリカの哲学者であるジョンサールが作った用語
  • AIに分けると精神的な病気を持っている


人工知能も同じですパソコンでさえ ロボットが徒党を組み広告を打ち続けても間に合いません ディープラーニング