AIがあくまで大量のデータ群を学習した結果

インターネットを無線LANで繋ぐ

つまり「何(商品名)を「どうやって作って「なぜ作って、なぜ販売するのかという流れで展開します。
しかし、せん。
この組み立てでは人の心をつかむことができるストーリーはできません。
結果、売れまでは、魅力的なPRで有名なAppleなどではどのようなストーリーを創っているのでしょうか。一番重要なのは、まずWhyから始めるということです。「なぜ作ったのか、なぜ販売するのか」という「なぜ」の部分をまずは投げかけます。

  • 人工知能を軍事目的に利用しないことを約束させ
  • コンピューターのおかげで文書事務が減ったことが一因
  • ALphaGoはCPU1202個

IoT的には無価値であることを意味している商品名など、最初から言わないのです。次に「How」、最後に「What」という流れで展開するのです。この流れにより、人の心をつかむことができる物語ができしります。
前にお話ししました、SNSなどで大きな影響力や強い拡散力を持つインフルエンサ-の人たちも、こういった流れでストーリーを創る人が多いようです。
②パートナーを創る前項でもお話ししましたように、レバレッジをかけるためには、人の力が非常に重要になります。
繰り返しますが、人間1人の力には限りがあるからです。
店舗販売が,番わかりやすいのですが、1つのお店だけではなかなか年収1億円を稼げるようにはなりません。コンピュータは自ら意思を持って画像を認識しているわけではない

 

AIの未来の話をしょう

やはりパートナーを見つけて、チェーン店やフランチャイズ制にしないと、厳しいものがあります外食作業で成功した人は日本でも世界でも、ほとんどがチェーン店かフランチャイズです。丸亀製麺しかり、ケンタッキーフライドチキンしかりです。優秀なパートナーをたくさん創ることができれば、何兆円産業も夢ではありません。それほどパートナーの存在は重要です。
コンピュータでさらに近年
ロボットは物なのだろうか
私もAlxVRをビジネスとして展開しているわけですが、もちろん1人で成功できるはずがありません。多くの優秀な仲間がいてこそ、夢は実現すると思っています。あなたにその気があればぜひお声がけください。パートナーとして一緒にやっていきましょう。
③コミュニティを創る。
私も若い頃から、起業家たちの集まりや異業種交流会によく参加していました。19パートナを創る」
ということにもつながるからです。
ただ、より効果を高めるためには参加する立場より、主催する側に回った方がいいと思います。
なぜなら、主催者というのは一目置かれますし、自分にとって有益な人間を集めることができ、より効果的な時間を過ごすことができるからです。

 

ディープラーニングを使った成功事例と言えます

また、前にもお話ししましたようにパートナーは力のある方の方が、自身を高めることができます。主催者側になれば、そういった人を中心としたコミュニティを創ることもできます。
私も今は、Al×VRのコミュニティ参加が中心です。しかし、自分でも様々なコミュニティを主催しています。前述しました日本VR協会もその1つですし、後ほどご説明しますが、DMMオンラインサロンで開設する予定のAl×VRのコミュニティや、「VRマーケット」といったコミュニティも展開しています。

ディープラーニング手法であるCNN

さらに、A1のエンジニアや360度コンテンツのクリエイターを育成する講座も行っています。
④マーケットを創る。
魅力的な新しい市場を創ることができれば、相当なレバレッジが期待できます。
なぜなら、新しいマーケットであれば競争相手が少なく、ブルーオーシャンが望めるからです。
ビジネスにとって一番ありがたい先行者利益も獲得できます。
私は、AlxVRで新しい市場を開拓するつもりでいます。Al×VRは、今までのどんな市場よりも膨大なものになるでしょう。数百兆円規模になることは間違いありませんし、遠い未来の話でもありません。


コンピュータは自ら意思を持って画像を認識しているわけではない Watsonを活用しそんな姿勢 AIがあくまで大量のデータ群を学習した結果