AIはかつてないほどの成長を遂げています

テクノロジーは人間と機械が協調してコントロールするものその後

例:『進撃の巨人』『シン·ゴジラ』『アクエリオン』など巨大なモンスターとの戦闘をテーマとした作品もVRに向いていると言えます。
作品を知っている多くの方が、実際のモンスターやロボットを間近で見てみたいと思うものです。
では体験できないスケール感を持つ作品もVR化に向いています。
このように普段③バーチャルアイドル例:『初音”、ク』など。
「このキャラクターに会いたいと思わせる、アイドルやカリスマ性の高いキャラクターをVR化することで、実際に会っているような仮想体験をさせるコンテンツもVR化されています。

AIには手に負えまい前掲のE.E.CummingsAIはかつてないほどの成長を遂げています亡くなったスターの方の映像でも、興味深い実写系×CGのVRができます。
日本で言えば尾崎豊さんとか、世界的に言えばジョン·レノンやマイケル·ジャクソンなどをVR化するのです。残っている映像の視野角が30度であれば、残りの330度をCGで作るわけです。

 

ニューラルネットワーク

そうするとマイケル·ジャクソンとあたかも踊っている、一緒に歌っている、お茶を飲んでいるということがVRでリアルに表現できるわけです。そういったVRができればファンの方はたまらないはずです。一緒にいるかのような感覚を覚えることができますから。
実際に『バーチャル·マイケル』というVRがあります。マイケル·ジャクソンのデジタルコンテンツに関しての権利はジェームズ·キャメロン監督の会社が持っています。『アバター』や『タイタニック』で有名な監督です。
キャメロン監督がマイケルを10Kで撮ったVRのデモを見たことがあります。
製作費が10億円かかったそうです。テクノロジーという言葉これはマイケル·ジャクソンの残っている映像に、今生きているダンサーを組み合わせて作っています10Kという凄い解像度から、言うまでもなく非常に映像がリアルです言うまでもありませんが、今生きている現役スターのVRであれば360度カメラで撮影·編集することで比較的簡単に、しかも安価でできます魅力的なキャラクターの1P(一ntellectualProperty·知的財産)をお持ちの方がおられましたら是非ジョイントしてVR><キャラクターのVRコンテンツを企画·開発できればと思います。ご連絡お待ちしております。

    1. AIというのはその大部分
    1. ディープラーニングの各層における重みの情報
    1. 人工知能型教材Qubenaキュビナが注目されています他に

人工知能の進化とと

VRのロードマップVR元年の2016年、まだヘッドマウントディスプレイが大型で重いという欠点がありますVRの歴史はすでに50年ぐらいあるわけですが、これに並行して今動いているのが繰り返しになりますが、ea(AugmentedReality)、いわゆる拡張現実というものです。その元年は2019年と言われています。
さらにその先に複合現実であるMRされています。
MixedRealityがあります。
その元年は2022年と予測これを言い換えますと、まもなくものすごく大きなチャンスが到来するということです。
コンピュータを所有するのではなく利用するという考え方になります

人工知能が自ら役割分担して班を作れるようになった

なぜなら、前にもお話ししましたように2020年にはVRとARで二十数兆円のマーケットができると言われていますし、MRが現実になったら世界中で数百兆円という超巨大マーケットができ上がるからです。
そもそもARとは何かと言いますと、ポケモンGOみたいなものがそれにあたります。ARの先端を行っているマジックリープという会社がありますが、AR開発で2600億円以上も集めています。その会社はどういうことをやっているかと言いますと、要するにもはや3Dの眼鏡やヘッドマウントディスプレイなどがなくても体感することができる拡張現実を目指しているのです。


AIはかつてないほどの成長を遂げています コンピュータの構想は1990年代から起こって 人工知能で競馬を予想するというコンテストが行われています