AI分析を目指すのであれば

人工知能の発達である程度はそれが補われるはずです

氏のご尊父は、東京の某理系大学の理事長まで勤めた方で、X氏も慶応義塾大学の理工系の出身者だ。銀行の元融資担当であった部長補佐氏は、ようやくパソコンに精通する経営者を探しあて、銀行にとっても彼にとっても「融資業務を人工知能に委ねる」という歴史的なメイイベントの日を迎えた訳で感極まってしまったのも当然である。いことではないと筆者は推測する。だから、部長補佐氏の口から「お芝居ががかった映画のセリフのような言葉」が飛び出しても、決しておかし現在、日本の空の下で、このようなことが現実に起きていることを多くの方々に知ってほしい。部長補佐氏が知人であるX氏に告げた“ヒト”を認知するのが「仕事」とは?そこに至るまでにはいつたい何があったのか……以下は、知人ㄨ氏の推測である……。おそらく銀行の上層部とその銀行に働く人たちの間で、相当の葛藤があった結果生み出された産物の「仕事」かも知れない人工知能「AI」の驚異的な発達と普及の結果経営者ㄨ氏の話では、これまでに会った時に比べ、暗く落ち込んだような融資担当の法人営業部部長補佐氏「おそらくは有名大学出身の超エリート」の表情が、そうである。ロボット役者などが出てこないとは限りませんし

コンピュータスペックがものすごい勢いで進私は見ています

X氏にパスワード渡す時の態度は、“未練がましかった”という。”変していただが、これからの「新しい仕事」について氏に説明する表情には、“安堵感”と一筋の“光明”にすがりつきたいというような表情が見て取れたそうである。都内某支店の3階にあった筈の受けた「法人営業部」は机も椅子も取り払われ跡形もなく消えていて、支店2階の大部分のスペースは今後「貸金庫」になってしまうのだとの説明をX氏がこれまで数回銀行支店を訪ねた時、受付で融資担当の部長補佐氏の名前を告げると、「その担当者は当支店に在籍していますが、い。電話もない状態なので」、となんとも不自然で不可解な回答が続いていたのだという。ここにはいませんので暫くお待ちくださアポイントがある時だけ、融資担当の法人営業部部長補佐氏はどこからか現れる。


人工知能の第三次ブームは
人工知能の第三次ブームは

ロボットを使うことによって

AIキャンセルしかしこの言葉には続きがあるただ運転するだけではなく、荷物運びやお年寄りの乗車補助など簡単な雑用もこなす「短期的なお抱え運転手」のような形態になるかもしれませんが、乗客を目的地に運ぶだけではなく「目的地に届けるまでのサービスを提供する」という意識で仕事を行うと人知能やロボットとは違う立場を作れるでしょう。収集系-「ゴミ」「廃棄物」などの収集業務収集系の業務は、「家庭ゴミ」「産業廃棄物」「リサイクル品」などの収集業務のことを指します。集めるモノにもよりますが、多くの場合は定期的に同じ場所を回ってモノを集めて回るだけなので人工知能やロボットに代替可能な職業です。場合によっては割れ物や電化製品など粗雑に扱えば壊れてしまうようなモノを収集しなければいけない時もありますが、それが不要物などの多少壊れても良い価値の低いモノであるのなら、扱い方を学習させた人工知能に任せることができるでしょう。特に、ゴミや廃棄物の収集は過酷な仕事です。貨客系業務と比べると比較的に早い内に代替が進む可能性があります。AI要素技術機械学習自然言語理解等が活用されただ、日本のゴミ捨て場は場所によって形式がバラバラです。袋が被せてあったり、蓋がついていたり、扉があったり、人間であればなんとも思わないような障害がロボットにとっては厄介な障害になるでしょう。ロボットアームなどを駆使して障害を乗り越え、ゴミなどの廃棄物を収集することが技術的に難しいわけではありません。場に対応する改造を施すのは容易ではないでしょう。人間との置き換えはかなりゆっくり進んでいくと予想されます。しかし、すべての収集車にあらゆる形式のゴミ捨てまた、産業廃棄物やリサイクル品は家庭ゴミに比べると扱いが難しいため、人員が減らされても何らかの形で人が関わっていく可能性は高いです。

ロボットのやることになると考えて良いはずです

開発された汎用人工知能の技術が公開され、だれでも利用できるになる。多くの企業や政府に業1社に独占された人工知能技術に頼らざるを得なくなるかもしれない。れば、人工知能を先行して軍事利用を進めていくだろう。人工知能ロボットの利用により、無人部隊がつくられ、最前線におくられるようになるかもしれない。より、開発の競争が起きて、様々な汎用人工知能が共存するような形になるかもしれない。


プログラム開発には執心せず
プログラム開発には執心せず

人工知能が実現出来るかどうかという議論で盲点の1つは

このように、人工知能はソフトウェアなので、オープンソースという形で広まる可能性があるが、性能を高めるためには、人工知能型の半導体チップを開発する方向になる可能性もある。この半導体チップの製造の独占で、パソコン時代のインテルのような寡占企業がでてくるのかもしれない。そして、この延長線上で映画「ターミネーター」のような企業がでてくるかもしれない。ニューロン構造をもったチップなど、特定の半導体技術を保有している企業が非常に有利になっていく可能性が高い。しかし、もう少し長い視点で歴史をみていると、寡占企業も長くはつづかない。代がくるのかもしれない。独裁政治は長続きしないというのが歴史の教訓である。IoT時代になれば遊んで暮らせるというのは全くの誤解である