消費者金融の会社の歴史

By Wilson Cham On 7月 8th, 2011 2009-11-08

この頃はいつでもコンビニでサラ金を利用できます。

1500万人を超える8人に1人が利用している計算になります。

消費者金融の会社はいつ頃出来たか調べてみました。


1945年、第二次世界大戦が終わった頃は質屋がありました。

物を担保にお金を借りました。

1960年頃に人の信用を担保に融資する形に変わりました。

1969年には業界の健全な発展を目的として大阪の業者11社が集まってJCFA(日本消費者金融協会)が設立されました。

1975年頃の金利は平均で年92~102%と高く、過剰貸し付け、過酷な取り立てと社会問題になりました。

消費者金融のイメージが悪くなりました。

1977年頃から外資系の企業が参入し、激しい顧客獲得競争が続きました。

1983年には出資法が改正され、上限金利が73%まで下げられました。

法律改正の為経営困難になった中小の消費者金融の会社が倒産、廃業に追い込まれました。

1993年に日本で初めて自動契約機が新宿と博多に設置しました。

テレビコマーシャルも解禁になり、女性や若年層の利用も多くなりました。

大手は業績を伸ばし株式公開をし、上場しています。

消費者金融の会社は社会的地位を築きました。


お金を借りる時は消費者金融の会社の金利をよく調べ確実に返済できる事を確かめてから借りるようにしましょう。

消費者金融の審査の甘い会社は要注意です。

多数の消費者金融から借りてる場合はおまとめローンという方法もあります。

一人で悩んでいないで弁護士や司法書士に相談しましょう。

Leave a Reply


Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans