不動産投資のメリットとデメリット

By Wilson Cham On 7月 8th, 2011 2009-07-05

最近、不動産投資に興味があります。
一人暮らしで結婚の予定もないので、将来、「おひとりさま」になる可能性も高く、今から老後の生活資金を蓄えなければならないと感じるようになりました。
幸いなことに、今の暮らしには余裕があり、それなりの貯金もあるので、少しくらいならリスクのある方法で資金を運用しても大丈夫です。
でも、株式などはやっぱりちょっとリスクが高すぎるかなと思い、不動産投資を考えるように。
そこで不動産投資のことを少し調べてみました。



まず、不動産投資は簡単にいうと、不動産を投資目的で購入し、その物件を第三者に貸し、家賃を収入として得ることです。
特徴ですが、「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われているそうで、メリットとして、物件に借り手さえつけば定期的に安定した家賃収入が入ってくることが挙げられます。
一般的に、一度住んでもらえたら賃貸契約は継続することが多いので、細く長く利益を得ることが可能です。
また、購入時よりも高く売れば売却益を上げることもできます。



逆に、不動産投資のデメリットは主に以下の4つが挙げられます。
まず1点目は、借り手がなかなかつかなかった場合です。
空室になってしまうと賃料が得られないため、もし、ローンで物件を購入していた場合、ローン返済計画に影響が出てきます。
2点目は地震などの災害が起こった場合です。
建物がなくなってしまったら、大きな損失ですね。
3点目は、地価が下落した場合です。
家賃収入ではなく転売を目的として購入した場合、物件の価値が下がってしまう可能性があります。
4点目は、すぐ現金化できないことです。
このようなデメリットも考慮して、不動産投資についてもう少し検討しようと思います。

Leave a Reply


Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans